« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月24日 (金)

モノクロのタロット

厳密には「ほぼ」モノクロのタロット。
ワイルドアンノウンタロットだ。

カウンセリングでモノクロの絵を
描いたらすごく新鮮で、
記憶をたどって買った。

触った印象は賄い飯のようなタロット。

表に出す飯には一通り飽きちゃって、
塩むすびに茹で卵、みたいなのを
求めている人に向いている。

あと、クセが強い。

モノクロになるので、
象徴を相当抽象化しないといけないので、

え?どう読むの?

みたいなのが結構ある。

でも、コレクターズアイテムとしては欠かせない。

今日も気楽な記事。

気楽に読んでねー

2017年3月13日 (月)

論理的ガードを下げる

カウンセリングで今、比較的穏やかだから、
一回イメージ技法を使ってみたい、と
前回提案して、
今回本当にイメージ技法を使った。

カウンセラーが使った技法は

風景構成法。

紙にしていされたふうけいのものを
描いていって、
風景を構成していく技法だ。

すごかった。
すごくないのがすごかった。

カウンセリングにはクライアントの側の方が
へたなセラピストより詳しい場合が
多々ある。

風景構成法を考案した中井久夫は
おそらくそのことも踏まえて、

あえてわからない・分析させない

ようにして治療的効果が
出るようにしたのであろう
(シロウトの雑感)。

イメージ技法から入ったことにより、
論理的なガードが下がったので、
いつもより深い話ができた気がする。

風景構成法はストラクチャーを作るためのもの、と
昔読んだ覚えがあるので、
夢なとど違って、
日常に戻ってきやすいという利点もある。

これ、ほぼまんま同じこと、
タロットでしてるかも。

タロットだと、日常から
そんなにはなれない。

でも日常ではない、
そんな半非日常の時間が
大切なのかも。

面白かった〜

気軽なつぶやき。

気軽に読んでねー

2017年3月 3日 (金)

スミスさん

僕がタロットを始めた15年くらい前、
なんのツテもない、なんの情報もない人にとっては
結構な難事業だった。

占いショップはどこにあるかわからない。
そこで本屋に行くが、
ほんのちょっとしかタロットのスペースはなく、
何がいいかわからない。

知っているから鏡リュウジのがいいだろう、程度に、
ポツリポツリと買い始めていって、

ソウルフルタロットに行き着く。

それで基礎の土台を固めて行く。

そうこうしているうちにタロットブーム
みたいなのがくる。

そこでやっと初心者はウエイトスミスがいいらしい、
みたいなことを知る。

そういうことを教えてくれる人は周りにいない。

映画を観にいった時にたまたま世界のタロット展を
やっていて、そこで、ライダー版を入手する。

たまに参考に引いてみてたのだが
なんかしっくりこなないデッキだなあ、という
印象だった。

ただ、占いになんの先入観のない人に
実験的に占った時には

カードかっこいいですね

と素朴な感想が帰ってきたので、
余計な先入観があるのが
よくなかったのだろう。

時は流れて、
なんか一周した感があって
縁もあって、スミスウエイトミニ缶入りを買った。

最初は渋いし、骨っぽいなあという印象だったが、
エージングがすんでくると、
モノクロ写真のような
独特の静かさと迫力が感じられる。

そして何より手になじむ。

最初はウエイトスミスと言われる理由が
素人ではないキャリアになってやっとわかった。

ウエイトスミスで始めるといいですよ。

気軽な記事。

気軽に読んでねー

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »