2015/04/18

どの苦労を選ぶ?

古い世代のロックスターは

ボーン・トゥー・ビー・フリー、

自由になるために生まれてきた、と
歌った。

今、そのフレーズの

なるために

がない。

自由に生まれてきた、だからなんだ?

いまどきの若者の内面と
深く対話していくと
必ずこのフレーズに近いものに
ぶち当たる。

フリーを言い換えれば

ただで生まれてきた、
生きる意味も価値もないのだ、と。

こういうことを青くさいと
笑える人はだんだん減ってきている。

みんなどこかで
終わりのない日常の虚無感で
疲弊している。

タイトルは新聞の折々のことばに
あったものを要約したものだ。

端的に、逆転の発想だ。

確かに、生きてていいことないよ。
どうせ生きてていいことないなら
どの苦労を選ぶ?

ロックル流に言い換えるとこうだ。

あなたが人生の終わりの際を
迎える時がいずれ来よう。

その時に、どんなことが
印象に残っているのか、みたいな
話になった時に、

断言していい、

苦労をして乗り越えたことだ。

楽をして楽しく暮らすことは
実はそんなに楽しくない。

もう一度聞こう。

どの苦労を選ぶ?


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/12

何でiPodを選んだんだろう

何でiPodを選んだのか
不思議に思う時がある。

アイポッドは
エムピー3プレイヤーという
ジャンルの商品なのだが、

アイフォンの前、
エムピー3プレイヤー抗争
みたいになってた時期がある。

さまざまな企画が乱立し、
ダウンロードストアがしのぎを削り、
多くの端末が発売された。

ざっくりメジャーなもので
アイポッドとウォークマンがあった。

今ではあまり想像つかないかもしれないが、
ウォークマンのエムピー3プレイヤーを
使う人は結構いた。

だが、僕は本当に感覚的に
アイポッド一択できた。

だんだんこの辺の話は
アップルウォッチにつながっていくんだけど、

まぁ、焦らず。

アイポッドで良かったなぁ、と
しみじみ思うことがすこし前にあった。

アイチューンズが突然
立ち上がらなくなったのだ。

ウィンドウズのアップデートか何かが
理由なんだろうと思われる。

僕、基本的に情弱なので、
データのバックアップを取ってなかった。

危うく全部なくなるところだった。

調べたらアイポッドのデータから
アイチューンズを復元できる、とわかった。

もうボロだったパソコンを買い替えて、
いろいろ調べて完全に元に戻った。

いざというときにアップル製品は
ここ、という力を発揮してくれる。

もう一つ。

アイフォンを買ったら、

アイチューンズのデータが
まるまる使えるんだよね。

こういう設計思想のクリアさって、
実はあまりない。

(色々ガードをかけたりする)

アイポッド、アンドロイド、アイフォン、と
流れてきたら
アップルの良さがしみじみわかってきて。

アップルウォッチ、買います。

ただ、今年のモデルは見送って、

来年の4月のモデルをかいます。

アップル論はまた回をまたいで。


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/09

スマホは色々なことを変えた

アンチスマホ的な
記事ばかり書いているが、

結構ヘビーなスマホユーザーである。

ただ、スマホゲームのたぐいは
ほとんどしてない。

違う角度から。

今日、僕が勝手に

デイケア名人戦

と呼んでいる名物の
将棋の一戦があった。

表情人使えずに
バシバシ厳しい手を打つ
絶対的王者に

ビッグマウスの
負けずぎらいの
挑戦者が挑み、
たいていぼろくそに負けていく。

挑戦者も研究に余念がないのだが、
いかんせん王者が強い。

意地と意地のぶつかり合いは
本当に熱くなる。

ただ、難点があった。

挑戦者が長考へきがあるので、
最期まで見届けられないことがある。

あ、これは今日もだな、と思ったから、

その場でアイフォンで対局時計を
ダウンロードして、

使ってもらった。

優れた対局時計がすぐ見つかった。

対戦者が赤と青で
色分けされていて、

自分が考えている時は
自分の色が大きく表示され、
コマを打ったら
画面をどこでもいいから
タップすれば
画面が相手の色に変わる。

実物の対局時計を見たことはないのだが、

おそらく遜色のない
使い心地だろう。

こういうアプリに関しては
しょーじきスマホには勝てない。

その後、僕と他の人で
囲碁クエストの友だち対戦を
したのだが、

囲碁の地合の計算は
初心者にはかなり難しいのだが、
そういうところも
自動でやってくれる。

ホロスコープなんかもそうだけど、

面倒な計算

が必要で入りにくかったことが
ずいぶんハードルが
低くなっているんだよね。

ほんとうに、

スマホは色々なことを変えた。


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/08

ほぼ日手帳カズンの使い方

いまさらほぼ日手帳で、
さらにカズンかよ、みたいな
ツッコミは横に置いておいて。

ほぼ日手帳の最大の欠点って、
もういろいろな人が言っているだろうけど

一覧性の悪さ

に尽きるんだよね。

オリジナルを使っていた頃、

最終的にカウンセリング前に
イートインのパン屋に入って、
話すことをまとめるだけになったんだけど、

これを振り返ろうとしたら
結構面倒なんだよね。

ウィークリーに切り替えてみたんだけど、
基本的に横長の文章と相性が良かったり、
あとは大胆に立てに書いて使う人向きだったり、
ウォレットサイズなので
リュックサックと相性悪かったり、
ろくに使わなかった。

カズンはカウンセリング終結間際、

夢を記録しよう!

と思えるような夢を見て、
その時前年のカズンがあって、
その週間のページが
相性いいな、と本能的に感じて、

その年は無理やり前年のを使って、
翌年からカズンを使い出した。

なんて言うか、大きいのがいいよね。

月間のカレンダーに
どこにいったか、いくら使ったかをまとめ、

買い物のたぐいは
年間のページにまとめ、

夢の記録は習慣のページヘ。

それでかなり一覧性は良くなった。

アイデアとかのたぐいは
カズンと同じサイズの
リングノートにまとめてる。

振り返る時、その方が
一覧性が良い。

この使い方だと
大半の1日のページを使わないのだが、

最近、トゥードゥーリストみたいに使っている。

それもそんなにかっちりしたものではなく、

振り返らないことを前提に、
自由に書いている。

だいたい、普通の生活をしていて、
日々にそんなに変化があるわけない。

カズンの広大なデイリーのページを
うめつくすほど毎日書くほうが
正直、変だと思う。

ほぼ日手帳に関しては

使い込まないといけない、みたいな
強迫観念に負ける人が
多いのだが、

極端な話、

一年何も書かないで、

眺めているだけでもいいと思う。

手帳があなたを使うのではない、
あなたが手帳を使うのだ。

気軽な記事なので、
気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/30

ホロスコープを読む

僕が占いを始めた頃、
ホロスコープを読むようになるとは
想像していなかった。

理由は明白で、
スマホがなかったので、

出先でホロスコープを
出すのが困難だったからだ。

ノートパソコンと
インターネット接続環境か、

ノートパソコンと
専用のソフトを入れたものか、

どちらかがないとだめで、

ノートパソコンを
放置できるような
セキュリティの環境を
探すほうが難しかった。

優れたテキストは
たくさんあったが、

どれも学問的な
精緻さを目指していて、

実占の泥にまみれる現場で
切った張ったには

「立派すぎる」

ものだった。

2011年に対面鑑定に
軸足が移った際に、

興が乗って、
簡易なホロスコープ鑑定を
ずいぶん書いた。

この辺の話は
色々興味のある人も多いだろうから、
なるべく詳しく書いておく。

ホロスコープを読む際に、
まずはサインを感覚的に
掴んでおくことが
出発点として一番合理的だ。

僕は鏡リュウジ、角田光代による

12星座の恋物語

をていねいに読み込んでいった。

その当時の石井ゆかりの最新刊である
新書のやつ(タイトル忘れた)で

太陽、火星を男性性、アニムスと読み、

月、金星を女性性、アニマと読む

非常にざっくりとした
(それもそれぞれサインだけ)
見方をする簡易なものを
書いて、理解を深めていった。

入門的な意味合いが僕にとっては
強かったので、

水星と木星から外の惑星は
省略した。

それでもA4、1枚位の鑑定書にはなる。

そしてスマホ登場である。

最初は画面も小さかったが、
スペックとかもこなれてきて、
出先でホロスコープが出せるようになる。

無料でホロスコープが出せるサイトは
多いのだが、

トップに表示される

マイアストロチャート

を使っている。

ここはプロ仕様なので、

最初ずいぶん戸惑った。

出生時刻の分からない人は多いし、
出生地を緯度経度で入力しなければならない。

アスペクトもタイト度が
分かるようになっているので、
一覧性にかける。

ただ、本能的な予感で、

このサイト、面白いぞ

みたいなのがあったから、

データの分かる身近な人を入れて
少しずつ読んでいった。

あと、鏡リュウジの
星のワークブックのホロスコープも
結構出してみた。

ワークブックの方が
一覧性があるので、

アストロチャートと
同じ人を出しながら
比較して、読み方を学んでいった。

最終的にホロスコープを
読むのが楽しくなったのは

石井ゆかりの星占い教室のノート

が大きい。

なんて言うか、

「実際的」

の一言に尽きる。

乱暴に書き殴ってきたが、

すこし僕のブログを読めば分かる通り、

僕の専門は卜術だ。

門外漢の文章としてお読み下さい。


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/27

スマホ一本にはしない

そんなに新しい視点ではない。

スマホはパケットを飛ばすことが
前提なので、

パケットが飛ばせなくなると
何の役にも立たない。

だからスマホのバックヤードを
ずいぶん持っている。

まずはウィルコムのピッチ。

これはキャリアメールもないガラケーだ。

なぜ今どきウィルコムなのかというと
阪神大震災の時、
一番つながったのは
ウィルコムだと言われている。

そして本当のパニック時には
電話がものをいう。

音楽はアイポッドを使っている。

アイフォンに変えたから
必要なさそうだが、

これが意外と重宝する。

ゲームは3ディーエスを
使っている。

パケットが飛ばなくなる状況では

ディーエスが力を発揮する。

ノートピーシーも使っている。

これはココログの更新が
ピーシーが必要なのもあるが、

固定回線のネット環境も
どのみち必要になってくるだろうからだ。

ざっと眺めていただければ分かるが、

どれもスマホ登場で
時代遅れとされたものばかりだ。

実は宝の山は
そういうところにあったりする。

気軽な記事。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/20

きちんと負けるということ

囲碁クエストにノッてきて、
対人対戦中心にシフトした時、

勝てなくなった。

その頃の負けは
鉛のような味がした。

普段いためつけられている人が多いのか、
自分が強い、となると
やたらといためつけてくる人が多かった。

自分に言い聞かせていたのは、
ちゃんと負けるんだ、
ちゃんと負けると明日につながるんだ、
ということ。

実際のデータを追ってみると、

勝率は4割6分強で
そんなに変わっておらず、

(対戦数が増えてきたので
ちょっとくらい負けが続いても
そんなに変動しなくなった)

一方、変わったのは
黒番、白番の勝率だった。

トータルでは1150くらい、

黒番が1030、白番が1300くらいのレートだった。

そんなこともあるのかな、程度にしか
思っていなかったが、

あとから振り返ると
囲碁クエストは中国ルールなので
ちゃんと打てていないと
黒番が低くなる。

勝率は変わらず、

だんだん黒番のレートと
白番のレートが近づいてくる。

1100と1200くらいにはなった。

僕とは逆にちゃんと負けない人もいた。

負けそうになると
接続を切ってしまうのだ。

その人のレートは1000をきっていた。

全てで勝つことも
かっこよく勝ち続けることも出来ない。

よく言われるように、

3割打てば大打者なのだ。

なら、どこでどう負けて、
そこから何を学び、
どう活かすのかではないのか。


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/18

電話回帰

そういうことを書いている僕は
アイフォンユーザーなんだけど。

今時の若者が

今の恋って、「文字恋」じゃないですか~

みたいなことを言うくらい、
普通にテキストのやり取りが
増えてきた。

だから余計に、

直接会ったり、電話で話したり、
みたいなことが
価値を持ってくるんじゃないか。

アイフォンも電話だから、

特定の相手がいる

ということが前提になっている。

文字のやりとりも
慣れてくると文字だけで
人がらが読み取れてきたりするが、

やはり

声の力

は大きい。

あとはキャリアメールが
スマホだとぐちゃぐちゃになるんだよね。

アイフォンでペラいマニュアル一枚で
キャリアメール設定できる人、

いないでしょ。

アドレス帳もぐちゃぐちゃになり、

最近登録した人がごっそり消えて、

重複して削除したデータが
ごっそり復活して。

おっかないから、
こちらから連絡を取る人で
電話番号の分かる人は
2台目のウィルコムに
登録したよ。

それから、

電話回帰の流れであるのは
これはよく言っている

ショートメールの普及

ってやつ。

実際に経験したんだけど、
キャリアメールを送ったら、

ジーメールに返ってきて、

あれ?と思って
またキャリアメールから
送ったら、
またジーメールに返ってきて。

ずいぶん昔に体験したことでは
メアド変更のお知らせをしたら、

相手がテンパって
僕の名前のタイトルのメールを
全然関係のない人に
転送して、

送られた先から、
僕あてにクレームが来る、ということもあった。

その点、ショートメールはいわば

明朗会計

だ。

ただ、ちと高い。

ここはキャリアに頑張って頂いて。

通話定額が出来て、
ショートメール定額が
できないわけないでしょ。

300円+税

くらいで。

何でこんな話を長々と書いているかというと、

スマホで何するの?

パズドラとかモンストとか
みんなもうあきたでしょ?

みたいなこと。

ばかみたいに口すっぱくして書いているけど、

電話もコミュニケーションだから、

相手ありき。

文字恋も、
相手がいるから成立する。

なんか、わざとなのかなぁ、
そこが語られないのって。

今日も今日とて気軽なつぶやき。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/16

エアカホン

カホン歴はそんなに長くない。

音楽セッションがあって、
そこにたまたまカホンがあって、
お前やってみろ、みたいになって、

すごく気に入ったんだけど、
持ち主のリーダーとは
そんなに親しくなかったから聞けなくて、

翌日になって、
ネットでカホンという名前を調べて、
初心者向けのものを
知恵袋で調べて、
その日のうちに
密林に注文した。

カホンで楽器、とくに
打楽器のイメージが変わるんだけど、

その後、短期間で
うまいへたは置いておいて、
遊びのセッションが
できるようになったのは

エアカホン

みたいなものを
たたいていた、みたいなのが
すごく大きい。

もともとドラムやりたかった人なので、
音楽聴きながら
リズムを取るのは
ごくごく日常だった。

実際の吹奏楽的なセッションを
重ねた上で音楽を聞くと、

より意識して
リズムを取るようになる。

カホン自体は
そんなにたたいていない。

それほどじょうずでもないだろうと思う。

でも

エアカホン

をたたき込んでいくことで
実際のカホンをたたいた時、

ためてためて打つんだ

みたいなことができる。

今もカホンをたたきたいのだが、
夜も遅いので
とてもたたけないから
ロックを聞いて
エアカホンをたたいてる。

そう、明日休みだから
カホンたたこうかな。

気軽な話題。

気軽に読んでねー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/12

自分嫌いの心理

自分嫌いは20世紀、
摂食障害の文脈で
よく語られていた気がする。

そこで語られていた
無邪気さ、無責任さが
気になっていたんだけど。

音楽を例に引いて語ろうかな。

90年代、シーディーが
何百万枚も売れてた頃、

その背景にあったのは

自分嫌い

だ。

断言していい。

その頃のミスチルにしろ、
小室哲哉にしろ、
一言で言うと

「全くどいつもこいつも」

みたいなことを
大量に刷って
売りさばいていた。

個人的に、
その最後は

2002年のキングギドラの最終兵器

だったと思う。

この後くらいから
ネットが発達し始め、

個人が「どいつもこいつも」を
発信できるようになる。

その後、名義を変えて
復活したギドラが
アルバムリリースまで
こぎつけなかったのも、

普通の人の

どいつもこいつも

が持っている毒が
強かったからだ。

時を経て
シーンに戻ってきた
ドラゴンアッシュと小室哲哉に
共通するのは

自分嫌い

に折り合いをつけてきたことだ。

たつるの言うとおり、

自分嫌いにつける薬は

あなたが必要だ

という他者からの懇願しかない。

そしてそのためには
あなたが他者を愛することが
前提になる。

自分というのは猛毒だ。

触れれば触れるほど
むしばまれていく。

もう自分嫌いのゲームは
終わりにしませんか。

わはは、また怒られそうだな。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«リボルバーを構えろ