2016/01/31

最近のバンドをディスる

検索で飛んできても構わないから
実名を上げてディスってしまおう。

彼らが流行りだした頃、
変なバンドがまた流行りだしたなぁ、という
印象だった。

とにかく声しか印象に残らない。

リズムも音程もルーズで、
変な声で歌う声。

業界通が鍵盤がいい、
みたいなことを言うので、
アルバムが出てチャンネルができたのを機に、
だいぶ頑張って聞いてみた。

騒がれるほどかっこ良くもない。

新聞の評論でリズムが極上みたいに
書いてあったので、
リズムセクションを意識して
聞いてみたが、
こっているつもりの割に
印象に残るリズムフレーズがない。

まず、アレンジ全体が
練れてない印象。

統一したコンセプトがないまま
いきあたりばったりで
たてよこラインをそろえている
(すいません他に言い方見つかりませんでした)
感じがするので、
技巧的なんだけど、ポップじゃない。

肝心の鍵盤だって、

上手いというより、

上手いと思っている

人の演奏だしね。

何年かしたら話題にも登らないんじゃない?

さーて、そのバンドの名は?

ゲスの極み乙女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/26

iPod streamingを出せばいいんじゃない?

ストリーミングで音楽を聞くようになって、
アイポッドを聞かなくなった。

ただ、出先では
アイフォンに全部集中すると
バッテリーが持たないので、
まだアイポッドを使っている。

いつもは自転車のところを
歩いて帰ってきた時に、
アイポッドで軽快なテクノを
聞きながら帰ってきたら
実に爽快だった。

ストリーミングに特化した
アイポッドあったら
便利だろうなぁ、と
思った瞬間だった。

何でもかんでも
スマホに詰め込むのは
もうちとまずいのではないか。

アップルミュージック一択で、
パケット代コミコミで
月額3000円くらいで
なんとかなりませんかねぇ?

なんともならないんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/19

いかにして運動するか

散歩でもしなきゃな、とは
ずい分前から思っていた。

だが、続かない。

アップルウォッチを買って、
本格的に取り組んだ。

最初は普通に円を描くような
コースを歩いていた。

これだと途中で戻りたくなった時に
戻れない。

直線のコースに変更した。

アップルウォッチには
目標の中間点でお知らせがあるので、
それがあったらそこで引き返してくればいい。

だがこれも続かなかった。

先月うつてんして、
その回復期に散歩を始めた。

その時は習慣づけを優先したので、
往復で10分歩くことを
心がけた。

2週間位、運動の習慣としては
僕では結構続いた。

いくつか重なった時に、

あぁ、僕は休とみの日は
家から一歩も出ない人なんだ

みたいなことを痛感して、

それまでの散歩って、
ような無理をしていたんですよね。

家から出ないで
運動をする方法は
みたいに思った時に、

それこそアップルウォッチだ!

と思って
家で時計をする習慣なかったんだけど、
寝る時とお風呂に入る時以外は
ずっとしている。

まぁ、そのためのものなんだけど。

読めば分かるんだけど、
最終的に運動自体はしてないんですよね。

でも運動を意識化することで
なにか変わるかなぁ、と
期待している。

これに関してはまだ
試行錯誤中です。

気楽な記事。

気楽に読んでねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/10

薄い紙の本をていねいに読む

こういう古い世代の寝言みたいに
思われることが
何週かして、新しく
感じられるんじゃないかな。

きっかけは本をアマゾンで
頼んだことだ。

たまたまソフトカバーできて、
ちびちび読んでいる。

そして思うことは、

紙の本はいいなぁ、という
いかにも古い世代っぽいことだ。

電子書籍とかを否定する気はない。

大量に本を読んだりする人には
欠かせないアイテムだからだ。

だが、高いウイスキーを
ちびちび飲むような楽しみが
薄い紙の本にはある。

もう書籍の主軸は
電子書籍に置いていいのではないか。

バイクやオープンカーみたいな
ある種の趣向品として
細々と紙の本を
売っていけばいいのではないか。

活字自体のニーズは
今の時代、すごくある。

だがそれは圧倒的に
スクリーンを通して読まれている。

そこら辺の潮目は
認めたほうがいいのではないか。

今日も今日とて気楽な記事。
気楽に読んでねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/02

壁掛けホワイトボードカレンダーを買う理由

一昨年の12月に、
古い常連さんと会って鑑定をすることになった。
当然、鑑定料もいただく。

いくらにするか一瞬迷ったが、
自分ならいくらまで払えるか、と
考えた時に、

2000円がギリだな、

みたいに思ったので、そう設定した。

自分の実力が客観的に
評価をされる、的なのって、
実はほとんどなくて、

とくに社会人になってから
なんていうのかな、

対価を得る

みたいなのってほとんど縁がなくて。

2000円が入る、
実力が認められて、となったら、
なにかちょっとしたものが
欲しいじゃないですか。

普段使うもので、
ちょっとしたメモリアルになるもの。

そのタイミングで
壁掛けホワイトボードカレンダーがいい、ってなって、
駅であって、駅近にロフトがあったから、
買って帰ってきて使っている。

今年も迷わず買った。

ほぼ日のグッズはそういう

モチベーションの種

に最適だ。

最近はグッズの点数も増えて、
全部網羅はとてもできないが、
ポイントポイントで使っていくと、
驚くほど気力がわき、頑張れる。

それがそれほど緊急な必要性がないのに
僕が壁掛けホワイトボードカレンダーを買う理由だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/28

寝禅

きちんと体系的に学んだのではなく、
個人的に経験を積み重ねたものであることを
お断りしておく。

したがって、向き不向きが
かなりはっきり出る。

今月の頭、うつてんした。
それまでのペースで
頭は回るけど、実際は
何もできない。

ふと思い立って
名越の驚く力を手にとった。

染みてきた。

脳は刺激依存症というのが
よくわかった。

名越はそれを減らすために
光の瞑想というのを
進めているが、
それが僕にはどうも合わないみたいだ。

それより

寝禅

みたいなもののほうが合う。

静かな夜なんかに、
寝てもいい状態にして、
環境音アプリをかけて、
20分タイマーをかけて
リラックスする。

まぁ、だいたい寝る。

だが、20分くらいだと
そんなにがっつりは寝ない。

体調が良かったりすると
深い瞑想状態に入ることができ、
起きた時、非常にさっぱりする。

ただ、すぐ分かることだが、
晩ごはん食べた後、
たとえ20分でも居眠りして、
夜寝るのに響かない人でないと
この手法はあまり向いていない。

下手に技法をこねくり回すより
寝たほうが

心の速度を落とす

ことはてきめんに効果がある。

一陽来復。

気楽な記事。

気楽に読んでねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/22

しいたけ茶はじめました

しいたけ茶を始めた直接のきっかけは
友人にもらって、その後
百均に買い物にいったら
売ってたからである。

しかし、それにいたる話が長い。

もともと街歩きの人で、
街を移動するのがすごく多い人だった。

だからペットボトルの飲み物は
ずいぶん飲んだ。

30代に入って、
デイケアと喫茶店占いになると
場所が同じだから
同じ自販機で買うことになり、
ペットボトルでは
どうも限界がある。

そこでマイボトルドリンクが出た。

ただ、この商品、開発の段階で
こりすぎてしまって、
実用的ではない。

その後、ポーションタイプのコーヒーも
試したのだが、
なんとなく買わなくなってしまった。

理由はしいたけ茶を
買うようになってわかった、

フレーバーがない

のだ。

気分転換の飲み物って、

まずはフレーバーがあること。

そしてそのフレーバーに
ちょっと

引っかかり

みたいなものがあって、
清涼飲料水みたいに
スッと落ちたりしないこと。

やっとたどり着きました。

気軽な記事。

気軽に読んでねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/17

通り名と本当の名

もともとの着想はゲド戦記だ。

ゲド戦記の世界では
ものにみなすべて

本当の名

がついている。

それを言うことで
魔法を使うことができる。

当然、人も持っている。

それを知られたら
悪く使われてしまうので
誰にも言わずにおく。

そして

通り名

を名乗る。

この記事を書くタイミングで
夫婦別姓のことで
わいわい言われているが
上に書いたように
本当の名と通り名の
二本に統一してしまえば
いいのに、と
素朴に思う。

僕がロックルといういわば

通り名

を使って随分自由に
活動できていることが大きい。

まぁ、世間知らずの占い師の記事として
気楽に読み飛ばしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/10

スマホ有線と環境音アプリ

外回りのサラリーマンが
外食は食べ尽くした、みたいなのが

音楽で僕はある。

音中毒なので、何かと音楽を
かけたり聞いていたのだ。

最終的に行き着いたのは
環境音。

もう音楽でもない、という。

ただ、欠点があった。

バリエーションを増やせないのだ。

その時に、音楽に疲れて
離れていたスマホ有線を聞いたら、
新しい音楽が入ってくるって
いいなぁ、としみじみ思った。

いまさら、と思われるだろうけど、
これからストリーミングの方向に
音楽は動いていくね。

そのために欠かせないのは
音楽ストリーミングのための
低速低料金の携帯料金プラン。

今の高速高料金って
全部の人に必要なわけではない。

たまに動画を見る時だけ
高速になるみたいなプランできないかな。

今日も今日とて気軽なつぶやき。

気軽に読んでねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/08

まずは来てもらえるように

ちょっとだけショッピングモールづいている。

きっかけはクロックスを探したことだ。

リアル店舗ではショッピングモール
くらいに行かないとどうやら
専門店とかにならないらしく
行ってきた。

その他の件でも
そのショッピングモールに用があったので
行ってきた時に、

まずは

来てもらわないと

ダメなんだなぁ、と感じた。

違う例を上げて比較すると
分かりやすい。

安東量子がカーディーラーに
オイル交換だけに訪れた際、
テーブルに案内されるわ、
軽食は出るわ、下に置かない対応だったらしい。

オイル交換だけなんですけど
みたいなことを言っていたけど、

カーディーラーも

来てもらうこと

が大変な時期に
なりつつあるんだなぁ、と。

ショッピングモールも

くれば楽しいことあります

みたいな設計がまずしてある。

買い物だけだったら
かなりのものがネットで
便利に買えちゃうので、

まず、来てもらうこと

がまず最初の勝負どころ。

採算がとれる云々は
専門の人がやる話で、
楽しい場を提供できなければ
その先はない。

今日も気楽な記事。

気軽に読んでねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«可処分時間