2015/08/23

運とのりしろ

運、ということを
もう少しちゃんととらえた方が
いいんじゃないか。

努力と根性、みたいに言われるけど、
それは全体の98%で、

最初の1%と最後の1%は運だ。

わずか2%だけど、
それがないと始まらないし、
完成しない。

うまくいかない人の多くが、
その2%を軽んじたり、
惜しんだりする。

何であんなに怠けている奴が
うまくいくんだ、みたいなのって、

2%の運を大切にしている。

運とは何か、みたいなことなんだけど、

のりしろのようなもの。

余白、といってもいいかな。

しかめっ面して
ぎりぎりで余裕なくて、

ってのは運が逃げていく。

初対面の人に

あなたは本当に苦労なさったのですね

と言われる人と、

あなたは福々しいですねぇ

と言われる人では

どちらが運があると思う?

ガツガツ湖の底までさらう漁師と

少し余裕を残しておく漁師と、

結果的にどちらが
より多くの魚を取れると思います?

過労で体壊す人と、

一見怠けて見える人と、

どちらが大きな仕事をすると思います?

他人をおとしめることに一生懸命な人と、

他人に与えるような人では

どちらが幸せになると思います?

まぁ、気軽な話題。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/18

アップルウォッチを使ってみた

アップルウォッチを買って、
実際に使ってみて思うことは

売れてない、売れてない、と
言われるが、
推定で300万台とか
逆によく売れたな。

というものだ。

この記事を書いている次点で
初代の、ウォッチオーエス1なのだが、

基本的に目玉のうりは

通知

だ。

だが、世の人の結構な割合の人が
制服に着替えて、
ケータイは荷物と一緒に
ロッカーの中、という人がいる。

まず、通知もへったくれもないのだ。

僕はラインの通知で
重宝しているが、

時計の画面で文字など打てるわけもなく、
音声入力になる。

それも長くなったり、
込み入ったものになると
結局アイフォンを出すはめになる。

そして、時計に向かって
ぶつぶつつぶやける環境にある人が
どれだけいるんだろう?

コンセプトはクリアだ。

おそらく大きく化けるだろう。

だが、現時点では
通知を逃せない
外歩きの多い営業マンか
ケータイに一元的に情報の集まる
フリーランス系の人にしか
向いていない。

くりかえすが、今後大きく化ける可能性はあるが、
物好き以外買う必要はない。

気軽な記事。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/16

欲しいものと欲しい的なもの

アイフォンはぜいたくだ、みたいに
言われることがある。

ましてや、アップルウォッチなど。と。

単純に使ったお金で言っても
そうでもないですよ。

2011年3月にアイエス05で
スマートフォンデビューをした。

それから2014年12月に
アイフォンに変えるまで、

05を入れて、4台
アンドロイドを買った。

3年9ヶ月だから
1年1台以上のペース。

理由は簡単で、
使いにくい端末ばかりだったからだ。

もーアンドロイドはやだ、という
ぎりぎりまで追い込まれて、
アイフォンに変えた。

アイフォン6を買ったのだが、
壊れたりしない限り、
2年使うつもりでいる。

理由は明白で、
満足して使えるからだ。

今アンドロイドも安くない。

ここまでで単純に比較して、
満足できるものを使えば、
ぱっと見の印象の割に
節約することが出来ることが
分かるだろう。

欲しいものではなく、
欲しい的なもので
満足しようとするから、

ジャンクフード食べまくってはく、
みたいなことになる。

気軽な記事。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/11

これからは時計だ

最近バカっぽい記事を書いてないなぁ、

アップルウォッチがくる

みたいなのでも結構バカっぽいんだけど
(記事を書いたタイミングでそう言っている人はあまりいない)、

もっとくだらなく書いてみようか、と。

父親がららぽーと行くぞ、と言い出し、
ついていった。

本当にたまたま思いついただけらしい。

目当てのがなく、
圧倒的な物量のモールで
やることないから、

事前に仕入れたアップル専門店を
見てきた。

もちろん、目当てはアップルウォッチ。

店員が寄ってきて、

試着しますか?

と聞くので、もちろんしてきた。

この試着というシステムが
非常によく出来ている。

まず、つけ心地が非常に良い。

腕にフィットする。

そして試着用のデモが流れる。

振動も体感できる。

たった5分位で、

あぁ、遅かれ早かれ買うな、これ。

という衝動がやって来た。

高い香水のようなのだ。

本能がぞわぞわするのだ。

長くなるのを承知で時計ネタをもう一つ。

トレーニングタイマーアプリを愛用している。

トレーニングと休憩が決められた時間
交互に測れるやつだ。

すぐれもののアプリを見つけ、
そのアプリだと音楽が流せる。

夜は最近瞑想をしているのだが、
このアプリが一番深く入れて、
きっちり戻ってこれる。

時間を測るということが
これから色々な明暗を分ける
キーポイントになるのではないか。

時計は持たない主義、みたいなのは
ケータイを持たないのと似てくるのではないか。

わはは、本能がぞわぞわする
余韻で書いちゃった。

気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/08

なぜ片付けが大切なのか

新聞の連載小説をちらっと読んで、
いいなぁ、と思い、
久しぶりに小説を手にとって、
すぐ中断した。

上橋菜穂子を初めて読んだ時を思い出した。

上橋は物語を書くのではなく、
物語そのものを体験するんだそうである。

苦労するのは物語を書くことではなく、
体験してることを文章にすること、だそうである。

例にあげていたのが、

人の表情ってそんなに表現がないじゃないですか。

ということだ。

表情がまざまざと浮かんでいるのに、
文章にできないんだそうである。

昔柳美里と対談した河合隼雄が
開口一番言った言葉が

戻ってくるのが大変だったでしょう

ということだった。

上橋は触れていないが、
上橋も行くより戻ってくるほうが
大変だろうと思う。

そして優れた小説に触れる
しょっぱい占い師の僕も、

わっ、戻ってくるのが大変だぞ。

と思って読まない。

去年のデイケアのクリスマス会に
手品師が来て手品を披露した。

盛り上がって楽しい時間だった。

最後の手品がお札を使った手品だった。

お金という現実をちらつかせることで
観客が戻ってくるのを感じた。

あとで手品師と話す機会があったので
聞いてみたら、

やはりお札を使ってネタを
必ず最後にやることを認めた。

占いの場合はそれほどクリアに
戻ってくる手順を踏まないのだが、

でも、広げたカードを片付けたり、
バンダナをたたんだり、
話を現実の話しにシフトしたりして、

戻ってくるようにする。

なんか前書いた気がするな。

いいか。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/06

非英語圏の文化

今日、久しぶりにミンキアーテタロットを
くっていたら、ホッとする、というか、
開放される感じがした。

そのタロットはもうアマゾンでも売ってない、
本格的なミンキアーテで、
中世木彫版画風のイラストが書いてある。

カードの文字もイタリア語で、
ネットがなかったら読むことも
ままならないしろものだ。

ミンキアーテ触ってしみじみ思ったのは、
日本の少なくとも占いは
イギリス、アメリカの英語圏の
影響が圧倒的に強いなぁ、と。

よく書いている、鏡リュウジの
存在感が特に強いので、

リズ・グリーン以降の
イギリス文化の影響が
西洋占術では濃い。

実際、メジャーな翻訳の書籍って、
圧倒的に英語からのもの。

くどくど当たり前のこと書いて、と
思われるかもしれないが、

ルノルマンはドイツ語圏、ロシア語圏で
先行して使われて研究されて、

英語圏ではここ数年
(数年前から言われてるけど)
のトレンドだと言われている。

ルノルマン研究のドイツ語、ロシア語ベースの
研究本が出てもいいのになぁ、と
思うのだが、

色々しがらみとかあるらしく、目にしない。

ミンキアーテもいいタロットなのだが、
占いで使うためには、
おそらくイタリア語の文献を
当たる必要が出てくるのだろう、

楽天でもアマゾンでも
カードすら手に入らなくなってしまった。

なんて言うか、僕個人的には
英語圏の文化は食傷気味である。

ルノルマン、ミンキアーテ、易

そう言った非英語圏の文化に触れたいな。

わはは、バカな素人っぽい。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/04

音フォナー

きっかけは自分が鉄ちゃんだったら
何鉄だったろう、と
たわいもないことを考えたことだ。

やっぱ音だな、と思って、
ふと気づいて
アイフォンのアプリ見たら、
圧倒的に音系が多い。

タイトルは電話の音オタクという
ニュアンスを込めた造語だ。

スマホのアプリを見ると
その人が分かる、的なことは
ガラケー時代から言われていた。

アンドロイド時代は
あまりアプリを入れなかった。

単純に入れたいと思うようなものに
あまり出会わなかった。

アンドロイド時代からアイフォンで
継続して入れているアプリは

囲碁クエスト、詰碁プロ、スマホ有線

くらい。

アイフォンに移ってから、
結構アプリを入れるようになった。

音系に絞ってアプリを羅列すると、

眠るときの環境音の睡眠アプリ、
ディージェイアプリのエッジング、
作業用の環境音のnoisli、
トレーニングタイマーアプリ、
録音アプリ、

そしてスマホ有線、

で、アイフォンなのでアイポッドの
音源がそのまま使える。

圧倒的な物量になってる。

動画やゲームは少ない。

ゲームが今朝ダウンロードして、
そんなに使うかわからない
テトリスと、

こちらはどっぷり使っている
囲碁クエスト。

あぁ、ユーチューブもあるか。
あまりみないけど。

考えてみたらおかしな話だ、みたいなのは
電話は基本的に音のもの。

ガラケーでメールが普及してから、
電話なのに話さない、
みたいなのが普通になった。

今、電車にのると、
音を切って、画面見つめている人、
すごく多いでしょ。

だから電話の定義って、
相当変わってきているのかもね。

まぁ、たわいもない雑談でした。

気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/31

スローライフ

ある時期まで、効率よく
大量のものを運んだりする必要があった。

新幹線も牛丼も車も

とにかく

早く、たくさん、遠く、

が至上命題だった。

何年か前、

日曜の夕方に新幹線乗って、
デッキにまで人がいて、
みんな疲れきった顔で
やっとこさっとこ
運ばれている様子を見て、

これはしんどいなぁ、と。

早世の芸術家が、
牛丼チェーン店風の
カウンターで
ガソリンを給油するみたいに
栄養を補給する絵を
書いていて、
その気持が痛いほどわかった。

車も、
都市部の働く母親が
子供二人と夕飯の買い物を
運ぶために
自転車でやっとやっと走っているのを見て、

車というか、
モビリティ何とかならないかなぁ、と
よく思っている。

バリアフリーと言う言葉は
普通になったが、

実際はバリアだらけだ。

新幹線も牛丼屋もモビリティも

早く、たくさん、遠く

の旧世紀の名残が
まだ抜けていない。

効率が悪くなったことを
嘆く人が未だいるが、

断言するが、

これから効率は
どんどん悪くなっていくだろう。

早く、たくさん、遠く

の掛け声の下で犠牲になっていた、

クオリティオブライフ、
生活の質を
追求するムーブメントが
静かに進行していくだろう。

今日も今日とて気軽なつぶやき。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/28

親に似ていることを認める

片山洋次郎の体癖の本を読んでて、

10種の親を持つ苦労、みたいなのが書かれていて、

で、たまたまテレビで
9種の親を持って
親が自分がピアニストに
なりたかった夢を
その人に投影して、
苦しかった、みたいな
話をやっていて。

親から逃げたくて
ポーランドに留学して

親がなくなって、
子供が生まれて、

みたいな状況が重なり、

次第にピアノから
遠ざかっていった。

ある日その人の子供が
楽譜持ってきて、

ピアノを引き出したら、

あぁ、私ピアノ好きなんだ、
と思えるようになった、

という話をやっていた。

旦那は1種10種か何か。

このピアニストの話も、
愛憎型とも呼ばれる、

9種10種があちらこちらに
出てくる。

ちなみに片山の本では
9種10種は両立しない、
みたいに言われるが、
そんなに厳密にならなくてもよかろう。

親に似ている、ということを
認めるプロセスが
9種10種の親子関係には
必要なのでないのか、と
ふと思った。

僕は3種9種なんだけど、

母方は10種の家系。

10種の家系特有の

息苦しさ

の背景を
今日テレビで見た。

体癖の話題は
気楽な記事。

気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/21

売れないものをどう活用するか

また怒られそうだな、

馬鹿野郎、今血の汗流して
売れるものを探しているのに、
売れないものなど知ったことか!

と。

なんて言うんだろうな、
だからだんだん売れるものが
少なくなってるんじゃない?

西條剛央のチームの力という本を買いに、
このへんでは抜群に大きい
郊外型の書店へ言った。

話題になっているし、出て間もないみたいだし、
さすがにあるだろう、と。

まず驚いたのが前行った時に比べて、
本のスペースの半分くらいが
文具か何かになっていて、
どこに何があるかさっぱり分からない。

こういう時は大型書店には欠かせない
パソコン端末で調べようと思ったら
これも見当たらない。

店員に聞いたらパソコン端末はない、と。

店員がおじさんだったんだけど、
レジで調べようとしたら
レジの端末が動かない。

若い女性に聞いて、
動く端末をやっと見つけて、
結果、

在庫がありません。

と。

ここまでの仕打ちを受けて
リアル書店で本を買うきになります?

在庫管理、みたいに言った場合、

大事なことは売れ筋の確保より、
たまにしか出ない
通の人ならかならず買う本を
そろえておくことの方が
大事じゃないですか?

そういうのって、
いわゆる売れないものの中に
泥の中の砂金のようにあって、
泥をすくわないで砂金をとろうという
虫のいい話が増えてません?

砂金の活用術ばかり
情報があふれているけど、

まずは泥をすくうことでしょ。

わはは、占い師、見てきたように書く、ってか。

本屋に行ったのはほんとだよ。

気軽なつぶやき。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«贈与と交換