2015/05/22

通る

占いで一番負荷のかかる依頼者は

決定力のある人が

「この方向でいいですね?」と
聞いてくる依頼だ。

そういう依頼が舞い込みだしてから、

ソフトバレエをよく聞くようになった。

ソフトバレエは10年早かったとも言われる。

力作を発表し続けながら、
特にセールス的な評価は
ついてこなかった。

斬新な音を鳴らせば
片っ端からパクられる。

デタラメが嵐のように
降り注ぐ中、

本当に力任せで

「通した」。

通るはもともと

と書き、易の用語だ。

易で亨ということを
重視するのが
占っていくうちにわかってきた。

古来から
デタラメが降り注ぐ中、
人々は多くのことを

通して

来たんだなぁ、と。

今時の音楽に飽きている人は
聞いてみるといいですよ、

ソフトバレエ。

腹に響きますから。


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/21

iPhone6みる日本

電車でスマホユーザーを観察していると
結構アイフォン6ユーザーの
比率は高いように感じる。

アイフォン6は大きさやボタンの位置、
かたちなどが他のものと比べて
かなり明確に違うので
識別することができる。

僕も今までアンドロイドを
さまよってきて、
アイフォン6にたどり着いた。

なぜアイフォン6なのか。

それまでのアイフォンは
変わり者が使っていた。

アップルも猛烈な追随に
決定的な差別化ができずに、

スマホなんてどれも同じでしょ

みたいに思われていたフシがある、と
情弱の僕は感じていた。

僕がアイフォン6に移ったのは
アンドロイドだとバックアップが
かなり面倒なことになる、ということと
なんといっても決定的に

使いにくい

ことがあった。

アップルも研究されることを
研究し返して、

非常によく練れた端末や
サービスを提供するようになった。

アイフォンに移ってから
変わったことのひとつに、

アプリを結構入れるようになった。

それもスケジュールとか
家計簿とか付箋とか、

普段使いを前提にしたアプリを。

スケジュールアプリは
グーグルのものも含めて、
使いにくいのが多い。

アプリ自体は無料で
ジェイリーグの日程が
アップ内課金とか
正直いみわからん。

それだったら120円アプリに払うから、
シンプルで使いやすいのを、
と言うのはアイフォン6が
一番なんだよね。

タイトルのことに触れるのは
ちょっとになっちゃった。

アイフォンは日本だけで
ミョウに高いシェアだ、

日本は変だ、みたいに

知ったかぶった通がいうが、

2001年にアイポッドが発売された時に、
対応する言語は4ヶ国語で、

そのうちひとつが日本語だったんだよね。

日本って、マーケットとして
成熟しているから、

アップルのような練れた製品を出す
メーカーにとっては

日本で評価されることが
まず第一条件みたいな所あるんだよね。

今は全然勢いないけど、
マクドナルドも日本で評価されて
世界基準になっていった、と

藤田田が言ってたよね。

昔のデータだけど、
実際、ポスレジのシステムの
7割は日本で開発されたらしいじゃない。

日本で流行った

って言うのがステータスに
なってきているのかもね、と。

今日も気楽な記事。

気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/13

選択肢を増やす

僕が今だにブログをやっている
モチベーションは

選択肢を増やす

ということなのかなぁ、と
ぼんやり考えていた。

デッド・オア・アライブ

みたいな表現がメディアであるけど、

生きることはそんなにかっこよくも
潔くもなくて、

生でも死でもないところを
ぐずぐず悩みながら
進んでいくのが
本音なんじゃなかろうか、と
思っている。

誰かのことばで、

効率良く生きることを突き詰めると
効率よく死ぬことしかなくなる、と。

かっこわるく、ぐずぐず
生きるのが

なんて言うのかな、

クオリティ・オブ・ライフ

みたいなのを高めてくれるのではないか、と。

そしてそういうことを言う声は
通らないので、
メディアではあまり主流にはならない。

だからこうやって
細々と書いているんだよね。

こだわりの飲食店が

「うちは仕入れから違いますから」

みたいに言うのと似てる面はあるよね。

ネット以前の
テレビが12チャンネル、
新聞が1紙、
タブロイド紙が2か3つ、

その頃とは比べ物にならないくらい
情報量あるんだけど、

それを使えるかたちにする人が
あんまりいない、

いてもニュースまとめとかで
鮮度が落ちた情報を転売してるの多いよね。

情報論は長くなるな。

気軽な記事。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/10

ツーカーエス

昔、ツーカーエスという
伝説の端末があった。

ガラケースタイルで
液晶がない。

電話をかける時は
暗記しているか、
メモや紙の電話帳の
番号を元に

一回一回番号を打ち込む。

電話の発着信だけだ。

メール機能など当然ない。

なぜこの話をしているかというと、

ガラケー生産中止で
通話機能にショートメールに
キャリアメールだけのいわば

メールケイタイ

みたいなもののマーケットが
大きくなってくるだろう。

ガラケースタイルに
愛着のある人も結構いるし、

ニーズもある。

僕もウィルコムも使っているので、
ガラケースタイルの強みも
よく知っている。

スマホは誤作動のたぐいが
ヒジョーに怖い。

みんながみんなスマホとは
正直考えにくい。

その時に

ツーカーエス

から学ぶことは多いのではないか。

今日も今日とて気軽な話題。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/09

甚平導入のあれこれ

去年の夏の末、
佐々木俊尚のツイートで
はっと思い、

いろいろ調べて、
甚平を購入。

今年こそデビューを、と
思っている時に、
たまたま見たテレビで
イオンで浴衣フェアを
やっている、と。

イオンはないけど、
イトーヨーカドーならある、
それでネットではそろえられない
小物をそろえよう、と思い、
行ってきたが、

まだ取り扱ってない。

老舗のデパート
(例のトイレが踊り場にあるところ)
にいって、
受付にきいたら、
呉服屋がある、とのこと。

浴衣とか甚平はなかったんだけど、
一番欲しかった小物を入れる袋、

信玄袋

が手に入った。

僕は最低でも

アイフォン、財布、カギ

は持ち歩かないと駄目だ。

家で信玄袋触ってたら、

アイフォンなくすか壊すな、と、思い、

ロフトまで出かけて行って、

手帳型のアイフォンケースと
それを首からぶら下げるひもを
セットで買ってきた。

そのセットはひもだけフックを外し、
洋服の時は普通のアイフォンケースとして使える。

そのフックにカギもつけられ、
その時は万全に見えた。

大きなネックがあった。

アイフォンと手帳型のアイフォンケースを
首から下げると重いし、
首がしまるのだ。

家でテストしている時に、
これを1日首から下げているのは
さすがにしんどいぞ、と。

和服、少なくとも甚平は
あまり物を持ち歩かない前提で
作ってあるように感じだ。

信玄袋にしたって、

とられたら困るようなものを
入れるような設計だとは思えない。

ぶー ・3・

何とかならないかなぁ。

気楽な記事。
気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/03

頑張らない

わはは、すいません、タイトルパクりました。

囲碁クエストやってて、

レート1500を目指すために

という書籍のシリーズがあるんですよね。

多分その本を読んで
ちゃんと研究すれば
本当にレート1500いくと思います。

でも僕は読まないで、

ぼちぼち

へぼ碁

を指していこうか、と。

ちなみに今の僕のレートは1170くらい。

なんでかというと、

カンニングペーパー読んで、
本当にレート1500になって、
その後どうするんだい?

たいていやめちゃうんだよね。

それだったら
変に頑張らずに
ゆるゆると楽しんだほうが
良くないかい?

なんて言うか、
プロセスが楽しいわけで。

夜勤があって、
夜勤が大変な仕事だったとして、

夜勤明けにごほうびに
ハーゲンダッツを食べよう、と
決めているとするじゃない。

ハーゲンダッツは普段は食べないで、
よくやった自分、みたいに思える時
限定に決めるとすると、

あぁ、もう少し頑張れば
ハーゲンダッツだ。

と思えることが大事なわけで。

夜勤をやらないで
ハーゲンダッツ食べまくったとして、
それが楽しいのかね?

それが楽しいかのように
いまだに言っているメディアは
問題だと思うよ。

今日も今日とて気軽な記事。

気軽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/01

満足ビジネス

いやなこともあったし、
大変なこともあった日に、
家に帰って難解な哲学書を
広げる気になるだろうか?

大抵の人がテレビをつけ
罪のないバラエティ番組を見て
ただ笑うだろう。

このことを悪いとは思っていない。

あえて名前を付けるとこの手の

満足ビジネス

が今すごいニーズが有る。

音楽が分かりやすい。

テクノ、とざっくりいった時に、

マーケットは大きいし、
プレーヤーもリスナーも多いし、
結構な歴史になってるんですよね。

だからテクノの最近の作品を聞いていると

いわゆる

黒い茶室

にはまったアーティストや
作品に多く出会う。

スマホ有線で聞いていて、
疲れるのにちょいちょい出会う。

最近聞いていて、いいなあ、というのは

ディージェイ・カワサキ。

変にずらしたりじらしたりせず、
単調と評されるくらい
ストレートなビートとメロディ。

新しい時代が確実にきてるね。

気楽な記事。

気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/30

「ちゃんとしたものを使ったほうがやっぱり楽ですよね」

喫茶店占いをするために通っている
喫茶店に業務用冷蔵庫の
営業マンが来て、

まぁ、僕流に要約すると、
このようなことをいった。

コストとかいう人いますけど、
ちゃんとしたものを使ったほうが
やっぱり楽ですよね。

業務用冷蔵庫の営業マンというのがみそ。

外食産業は500円、1000円という単位の
売り上げをあげるために
血をはくような努力をするんですよね。

その料理人が20万、30万の冷蔵庫を
買うときにどれだけシビアになるか、
容易に想像つくでしょ。

あとはうまいこと言って
ごまかすように売ると、
必ずダメージとなって
自分に帰ってくる。

フィードバックも
膨大なものがあって、

相当緻密に研究もするのだろう。

楽、

という感覚的な言葉の背景に、
そういう事情がかいま見える。

僕の事へ
関連づけて書くと

スマホも
ちゃんとしたものを使ったほうが
楽ですよね。

みたいになる。

アイフォンに変えて、
すごく快適に使える感じは
このフレーズで決まり。

余韻はあっさりが好きだから、
短めに。

気楽な記事なので
気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/26

碁にハマっているんだ

基礎練習の重要性、みたいなこと。

厳密に言うと、碁ではなく
囲碁クエストなんだけど。

碁にはローカルルールがあり、

囲碁クエストは

取ったり取られたり

が勝敗を分ける
ダイナミックなルール、らしい。

局地戦の積み重ねなので、

囲碁クエストで強くなりたければ、

死活と呼ばれる詰碁を
どれだけといたかが
端的に明暗を分ける。

死活という表現が示すとおり、

一手二手打ち間違えると
死んだり活きたりする。

なぜ勉強するのか?

みたいなことをテレビでやっていたが、

ある時期に詰碁みたいなことを
集中的に解いておくことは
その後の長期に渡るプレーヤー生命を
左右する。

そういうのは理屈ではなく、

走りこみや素振りやノックのように、

理由もわからずただたんにこなしていく中で、
基礎体力がついていく。

基礎体力がついてないで
小手先の技術だけでは
長くは続かず、
アスリートのように故障して
あっさり引退するはめになる。

基礎練習を文句も言わずできるようになったら、
たいていその道のプロみたいになっている。

ハンパなやつほど
ぶつぶつ文句をいって、
基礎練習をしない。

え?

タイトルと全然違うこと書いてるって?

気にしない、気にしない。

気楽な記事なので、

気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/24

名付けのコツ

実際僕が体験してきたことを例に、
これから名づけをする人に
ヒントになりそうなことをかいておこうと思います。

原則は2つ。

まず、呼びやすい音であること。

日本人はファーストネームで呼び合う習慣がないから、
字の形とか意味にこだわるんだけど、

基本、名前というのは呼ぶもの。

初めてピアカンのセミナーに参加した時に、

受付で名札渡されて、

呼ばれたい名前を書いて首から下げて下さい。

と言われ、その日だけのつもりだったので、

呼びやすい音がいいか、と

ちょっとややこしい本名を簡単にして、

りゅう

という名前にした。

この名前の音の良さと
僕のイメージがマッチするらしく、

りゅう、というのが

通り名みたいになってきて、

ゲド戦記のオジオンみたいに、
変えるチャンスはあったんだけど、
変えられずにいる。

おそらく僕の本名を知らないで

りゅう

とだけ認識している人は
結構いるんじゃないかな。

特殊な例と感じるかもしれないけど、
親の音に対するセンスの良さに
感謝している。

2つ目は電話で説明できること。

名前の漢字を音で説明する機会は
割合あるものだ。

小室哲哉がこぼしていたのは、

木村拓哉が出てくるまでは

の字の説明が大変だった、と。

名前用の特殊な感じを使うと、

電話で

説明が面倒なのでカタカナで。

とかなる。

まぎらわしいのもやめたほうがいい。

大介に、大輔に、大祐に、大佑。

名札の字が間違っていると
それだけでテンションが下がるものだ。

まぁ、低気圧と気温差で
本調子じゃない時の気楽な記事。

気楽に読んでねー


この記事が面白かった、参考になったという方は下のボタンをポチッと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«リュックサックとトレッキングブーツ